ホーム > 事業内容 > エネルギープラント事業 > 木質バイオマス

木質バイオマス

Wood Biomass Power Generation
木質バイオマスの利用促進で地球環境保全を提案します。

木質バイオマス発電とは

森林を構成する個々の樹木等は、光合成によって大気中の二酸化炭素の吸収・固定を行っています。森林から生産される木材をエネルギーとして燃やすと二酸化炭素を発生しますが、この二酸化炭素は、樹木の伐採後に森林が更新されれば、その成長の過程で再び樹木に吸収されることになります。
このように、木材のエネルギー利用は、大気中の二酸化炭素濃度に影響を与えないというカーボンニュートラルな特性を有しています。このため、化石燃料の代わりに木材を利用することにより、二酸化炭素の排出の抑制が可能となり、地球温暖化防止に貢献します。(林野庁HPより抜粋)
木質バイオマス発電イメージ1 木質バイオマス発電イメージ2

木質バイオマス案件一覧

#都道府県港湾水深名称発電量系統連係燃料燃油使用量 
(m)(MW)(月)(KL/月)(KL/年)
1島根県境港港9.010  PKS6,58379,0003,800Kcal
10  PKS6,58379,0003,800Kcal
10  PKS6,58379,0003,800Kcal
 30   19,749237,000 
お問い合わせ・相談はこちらから

Product

エネルギープラント事業アイコンエネルギープラント事業
電力・ガス自由化アイコン電力・ガス自由化
その他の事業アイコンその他の事業

信頼で築くパートナーシップ

ページトップへ戻る